ワードプレスでブログを1年運用してみた結果 アクセス数、収益が劇的に増えた

本日で、ワードプレスでブログを始めて1周年です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

本ブログを開始して丸1年

そろそろ1年かな、と思い過去記事を確認しましたが、なんと昨日で丸1年でした。

2015年3月16日、初めての投稿はこちら↓

30歳妻子有りサラリーマンの貯蓄額公開
はじめましてオトセツです。 旧ブログ 男の節約ブログ から引っ越してきました。 旧ブログ同様、お金に関することを包み隠さず書いて...

本ブログですが、FC2やアメブロなどの無料サイトを利用せず、独自ドメイン取得、サーバーレンタルをしてワードプレスを利用しており、維持費が発生しています。

本ブログを開始する以前はFC2を利用して無料でブログを書いていましたが、維持費が発生する本ブログに移行して本当に良かったと思っています。

ドメイン、サーバー、ワードプレスとは

そもそもドメイン、サーバー、ワードプレスとはなんでしょうか。

私みたいな超シロウトは細かい説明を読んでもよくわからないので、ネットで分かりやすい説明を探しました。

結果、以下のようです。

  • ドメイン:インターネット上の住所。有料。本ブログにおける http://otosetsu.com 。
  • サーバー:住所(ドメイン)に建てるビル。サーバーレンタルとはビルの一室を借りるような感じ。有料。
  • ワードプレス:ビルの一室(ブログ)の模様替えをする無料ツール。デザインが無限大。

これに対し、FC2やアメブロなどのサイトを利用すると、無料で使用できる代わりに、ドメインにサイト名が入り、サーバーもそのサイトのものとなるため、デザインもそのサイト独自のものに限られます。

その他いろいろと制約事項があり、収益性に関わる広告の制限や、個人の収益につながらない広告が表示されたりしてしまいます。

独自ドメイン、有料サーバー、ワードプレスのメリット

独自ドメイン、有料サーバー、ワードプレスのメリットは個人的には以下のように考えます。

  • ワードプレスでデザインを選べ、好みに合わせたブログを作成できる。デザインの種類が無限大というくらい多いので、自分の使いやすい、見やすいブログを簡単に作れます。
  • ↑ともかぶりますが、検索サイトで引っかかりやすい、ブログ集客に秀でたデザインに出来る。
  • グーグルアドセンスなどの広告を自由に掲載できるので収益性が高い。ブログコンテンツによりますが、本ブログは維持費なんて気にならなくなるくらいです。

FC2で無料で作ったブログと見比べてもらうと分かると思いますが、見やすさが段違いだと思います。

それに比例してかアクセス数、収益も激増して、当時からは信じられないくらいの差がでています。

ザックリ、アクセス数は月1000→10000の10倍、収益は月100円→10,000円の100倍、と言った感じです。

ただ、誤解しないで頂きたいのは、無料から有料に移行するだけでここまで変わるわけではありません。

本ブログを始めてからのほうが明らかにブログ運営に対する真剣度が上がりました。

やはり維持費がかかると元を取らなきゃという気持ちで本気になります。

加えて上記メリットにあるように見やすい、使いやすい→やる気が出る→記事が増える、質が良くなる→アクセス数、収益が増える→やる気が出る→記事が増える・・・とポジティブな循環が生まれました。

気になる維持費は

アクセス数、収益は劇的に増えましたが、出費となる維持費は無料から有料に変わり以下のようになりました。

合計すると年間4,492円、月額に直すと375円です。月間ブログ収益が10,000円くらいなので元が取れるとかいうレベルではないです。

ムームードメインとロリポップの組合せは初心者向けの組合せのようで、安い維持費で簡単に導入、設定できて使いやすいです。

PC初心者の私で導入、運用できるくらいなのでPCを使える人であれば殆どの人が使いこなせると思います。

ということで、次回以降、上記組合せでの初心者向けワードプレスの始め方を記事にしていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>