避暑地へ旅行(中編) サントリー白州工場見学、白州・尾白の森名水公園「べるが」

旅行記事の続きです。初日の記事はこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)

サントリー白州工場見学

コテージで起床後、朝食をとり、サントリー白州工場に向かいました。サントリー白州工場では無料で工場見学と試飲ができます

受付で申し込みを行い集合時間を書いたカードをもらいます。無料なので競争率も高く、受付後1時間の待ちとなりました。前日同様連休前の平日だったので、1時間ですんだものと思われます。

工場見学(ガイドツアー)は以下の3つのコースがあります。

  1. ウイスキー蒸留所ガイドツアー
  2. ウイスキー&天然水ガイドツアー
  3. 南アルプスの天然水ガイドツアー

内容は名前の通りですが、1と3はそれぞれのテーマを詳しく見学でき、2はどちらのテーマも見れる分、ちょっと内容が薄いようです。

今回はどちらのテーマも見たかったので2のウイスキー&天然水ガイドツアーを選びました。

待ち時間の間は受付のある建物の中にある展示物を見学しました。展示物の量が豊富で、じっくり回って見ると結構時間がかかり、待ち時間の時間つぶしに最適でした。

集合時間に受付近くのスクリーンに集合し、ガイドツアースタートです。先導員に連れられてバスで各工場に移動します。

ウイスキー貯蔵庫→天然水工場見学→試飲会場、という順で周りました。

ウイスキー貯蔵庫はウイスキーの匂いが充満していて、皮膚からアルコール摂取してしまうのではないかというくらい匂いが強かったです。お酒に弱い私はむせて、若干気分が悪くなりかけました。身体が受け付けない人はすぐにバスに戻れるので、子どもと妻はすぐに戻らせました。

貯蔵庫内で先導員による説明もありましたが、お酒に興味のない私の頭には残りませんでした。好奇心旺盛な義理父は積極的に質問していました。

天然水工場では大ビジョンでの天然水の製造工程の説明と、実際に工場の稼働ラインを上空から見ることができました。機械による自動化ラインで、連続でボトリングやパッキングなどしており、見ているだけで楽しかったです。

最後に試飲ですが、おつまみとウイスキー2種類、天然水、なっちゃんを頂くことができます。私はウイスキーは飲みませんでしたが、タダ酒が飲めるので、酒好きの人には最高でしょうね。

試飲もそうですが、その他工場見学にもかなり金をかけており、これらが無料で体験できるなんて、さすが大企業という感じです。

連休中は大混雑が予想されますが、ぜひオススメの観光スポットです。

白州・尾白の森名水公園「べるが」

工場見学の後、移動途中の道の駅で昼食をとり、白州・尾白の森名水公園「べるが」に行きました。

べるがはとことん自然を楽しめる巨大な公園です。入園料は基本無料ですが、GWと夏休み期間は有料で1人200円かかりました。

園内は5つのゾーンがあり、1日中楽しめるボリュームがありますが、今回はあまり時間が取れなかったので、リバーサイドゾーンで川遊びをしました。

ウォータースライダーや滝がありましたが、子どもが小さいので、下流の浅瀬で楽しみました。川の水はとてもきれいでひんやり冷たく気持ちよかったです。子どもは普段保育園のプールで水遊びをしていますが、川は初めてだったので、かなり興奮して喜んでいました。

下流に行くまでの道のりが遠く、子どもを抱きかかえて自然の中を歩くので、結構体力を消費し、翌日以降激しい筋肉痛になってしまいました。

川遊び以外にも子供たちが楽しめるスポットが沢山あり、また、キャンプ場やバンガロー、コテージなど宿泊もできるので、泊まりがけで1日かけて楽しめます。小学生の夏休みの旅行には最適の場所だと思います。

べるがを出た後、2日目の宿泊地、長野県の蓼科に移動しました。蓼科編は別記事で紹介します。

前編、後編は↓

避暑地へ旅行(前編) 八ヶ岳リゾートアウトレット、中村農場
世間より一足先に8月連休を利用して旅行に行ってきました。 2泊3日の避暑地2連発で山梨県の八ヶ岳と長野県の蓼科に行きましたが、今回は前...
避暑地へ旅行(後編) 白樺湖ホテルパイプのけむり、白樺湖、女神湖、長門牧場
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>