避暑地へ旅行(後編) 白樺湖ホテルパイプのけむり、白樺湖、女神湖、長門牧場

前編中編に続いて旅行記事の後編です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

白樺湖ホテルパイプのけむり

旅行2日目、山梨県の森名水公園「べるが」を出て、長野県蓼科にある白樺湖ホテルパイプのけむりに移動しました。

白樺湖のほとりにあるホテルで、以前にも一度、義理両親、甥っ子と共に利用したことがあります。朝夕食のバイキング付きで大人4名+幼児1名、1室で約28,000円でした。前日のコテージに比べれば高いですが、一般的に考えれば安い方です。

ホテル到着後、大浴場で汗を流し、バイキングでたらふく夕飯を食べました。バイキングはメニュー豊富で、一通り食べたいものを取って食べたら満腹になりました。味は普通です。

夕食後は部屋に戻り、子どもに合わせて早めに皆で就寝しました。昼間の川遊びなど初めてのことだらけで興奮したのか、子どもの夜泣きが激しく、皆ちょっと寝不足気味になりました。

パイプのけむりは2度目の利用でしたが、安定のコストパフォーマンスで、それなりの安さでそれなりに楽しめて良かったです。

白樺湖、女神湖

翌日の3日目最終日は、蓼科周辺で、自然を満喫することにしました。まずはホテル付近の白樺湖へ。

白樺湖と言えば、池の平ファミリーランドですが、1歳の子どもにはまだまだ早いので、ホテルパイプのけむり付近にあるボート乗り場で鯉に餌を上げたり、スワンボートに乗って遊びました。

そこそこ楽しんだ後、女神湖に向かいました。女神湖でも鯉に餌を上げたり、子どもを遊具で遊ばせたりして楽しみました。

女神湖の写真が↓です。

DSC_0016

日差しは強かったですが、涼しい風が吹いており、日陰に行くと快適でした。

長門牧場

続いて白樺高原のゴンドラに乗る予定でしたが、朝ホテルを出る際に長門牧場のソフトクリーム割引券を貰ったので、長門牧場に寄ってソフトクリームを食べてから行くことにしました。

ソフトクリーム目当てだったので、牧場自体には期待していなかったのですが、アルカパや羊、ヤギ等の動物がいて意外に楽しめました。

ソフトクリームも美味しかったですが、牧場脇にある水道から出る水がひんやり冷たく、とても美味しかったです。

予想外に楽しんだことで、昼の時間に食い込み、長門牧場のレストランで昼食をとりました。焼きたてピザとカレーはそこそこ美味しかったです。

昼食を終え、長門牧場を出て白樺高原に行く予定でしたが、移動の車内で子どもが寝てしまい、起きるのを待ってからだと遅くなるため、ここで観光は終了、義理両親と別れ、帰路に発ちました。

出費

今回の旅行での出費は以下の通りです。

2

宿泊代は、初日のコテージ代を全員分支払い、逆に2日目のホテル分は義理両親が支払ってくれました。その他、食事代や出先での出費も義理両親がほとんど支払ってくれたため、内容に対して極めて少ない出費となっています。

高速代ですが、以前紹介したように時間帯割引を利用したいところでしたが、集合時間との兼ね合いもあり、復路の土日割引での3割引のみで、往路は割引無しでした。

全体的に見ると、大分、義理両親に負担をかけてしまい申し訳ないところです。かといって自己負担しようと思うと、予算に入ってこないので、いかに安く旅行できるか突き詰めていく必要がありますが、私以外、旅行中に費用を意識している人がいないっぽいので難しいところです。

まとめ

今回、避暑地への旅行だけあって、3日間どこへ行っても、ここ最近の猛暑を忘れられる涼しさでとても快適でした。

子どもにとっても初めてづくしの内容で、良い刺激になったと思います。そう言えば、以前と違い、今回は子どもがじいちゃんばあちゃんよりも私になついて、抱っこを求めてきたりして嬉しかったです。

家族皆で楽しい時間が過ごせてとても充実した3日間でした。

今後も夏は、今回と同じように避暑地への旅行が定番になってくる気がします。

前編、中編は↓

避暑地へ旅行(前編) 八ヶ岳リゾートアウトレット、中村農場
世間より一足先に8月連休を利用して旅行に行ってきました。 2泊3日の避暑地2連発で山梨県の八ヶ岳と長野県の蓼科に行きましたが、今回は前...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>