本日(6月1日)より自転車危険運転の取締まりが強化されます

昨日のニュースで知りましたが、道路交通法の改正により、本日(6月1日)より自転車危険運転の取締まりが強化されます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

3年以内に2回以上違反で5,700円の講習を受けるか、5万円以下の罰金

具体的にどのように強化されるかまとめます。

  • 危険な違反運転行為or交通事故で3年以内に2回以上摘発されると、自転車運転者講習を受けることになる。
  • 自転車運転者講習は3時間で、講習手数料として5,700円を徴収される。
  • 講習では小テストや感想文を書いたりする必要あり。
  • 講習の命令を受けてから3ヶ月以内に受講しないと罰金5万円以下。
  • 対象年齢は14歳以上。
  • 違反となる危険行為は信号無視、一時不停止、並走運転、無灯火、スマホながら運転、その他危険運転などなど、と一般的に危険と思われる危険運転は全て対象となります。

2回摘発されると面倒くさいことになりそうです。

14歳以上が対象とのことですが、免許を持ってない学生は知らずのうちにルール違反で摘発、なんてこともありそうです。

自転車乗り皆の危険運転が少なくなるならメリットのほうが大きい!?

自分が摘発されると面倒くさそうだなー、と思いつつ自転車乗りの方々の運転マナーが改善されると思うと、まあいいかなーと思います。

毎日自転車通勤していますが、危険運転をしている人が多いこと多いこと。

今日の帰宅時目撃したロードバイク乗りの人は二車線の道路で追越車線を走り、挙句の果てに、交差点で右折レーンに入り右折していました。もう頭がどうかしているとしか・・・。

これは過激な例ですが、それ以外でも自転車通勤していると、相手方の危険運転行為によるヒヤリが結構あります。取締強化で少しでも減るならメリットが有ります。

ただ、自分も完全にルールを守れているかというと、ちょいちょい違反しているので、これを機にルール厳守で自転車通勤していきたいと思います。

取締強化もいいが自転車が走りやすい環境強化もして欲しい

道路交通法上、自転車は軽車両扱いで、原則車道走行となっていますが、私の通勤経路はとてもじゃないですが、これを守っていたら命の危険に晒されます。

車道脇の路肩スペースが多い場合は普通に車道を走行できますが、路側帯が狭かったり、1車線で道幅が狭かったりすると、追い抜く車とスレスレの状態になります。

そんな状態で、落ちているゴミや石などを踏んでバランスを崩したり、車がふらついて寄ってきたりしたら大怪我、最悪は死亡事故になってしまいます。

この危険性に対して、以下の様な場合は例外として歩道走行が認められてはいます。

道路工事や連続した駐車車両などのために車道の左側部分を通行するのが困難な場所を通行する場合や、著しく自動車の通行量が多く、かつ、車道の幅が狭いなどのために、追越しをしようとする自動車などの接触事故の危険性がある場合など、普通自転車の通行の安全を確保するためにやむを得ないと認められるとき

ただし、歩道では徐行が義務付けられていますし、何より、ルール関係なしに歩行者と接触してしまう危険がつきまといます。

車道を走って自分の身を危険に晒すか、歩道を走って歩行者の身を危険に晒すか、こんな選択をしなくていいように、自転車が走行できる路側帯をしっかりとった余裕のある道路整備を早急に進めてほしいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>