先取り貯金は私には全く合わない

貯金を増やすために先取り貯金が有効、という話をよく聞きます。

先に貯金に回し、使うことが出来ないので、無理にでも節約をして支出が減る、ということなのかなと思います。

しかし、そもそも私の場合、そういったことをしなくても、支出を最低限に抑えるので、効果が無いと考えます。

逆に先取り貯金をすることにより、先取りした後の残り分を使い切るような方向に作用して浪費に繋がるのかな、とも思います。

先取り貯金をせず、口座から使う分だけおろして、余った分が勝手に貯金になるので、貯金額は最大です。

口座振替など一切しないので、無駄な手間も不要です。

なんだかこう書いていると先取り貯金をしている人から見ると、節約、貯蓄の初心者のように感じられるかもしれませんが、私の性格上これで間違いないと思っています。

ちなみに先取り貯金に分類される財形貯蓄は毎月8万円分利用しています。

これは先取りのためではなく、以下の会社制度を利用するのが目的です。

・会社からの報奨金数%が付与される。

・家を購入する時点での財形貯蓄額の10倍までは会社が住宅ローンの利子を補填してくれる。

性格的に計算上得をするような節約法でないとヤル気も効果も出ないです。

もっとも、性格上あればあるだけ使ってしまったり、厳しい予算状態に置かれる方が節約力が発揮される方には非常に有効な方法だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>