新国立競技場建設費2520億円 発注を含めて全て民間委託した方が安上がりでは?

新国立競技場の建設費が当初予算の1625億円から大幅upで2520億円となり計画変更となりました。

そもそも当初予算の1625億円ですら高すぎです。

例えば、有名なドーム、スタジアムの建設費は以下の通りです。

  • 日産スタジアム 603億円
  • 札幌ドーム 537億円
  • 埼玉スタジアム2002 394億円
  • 東京ドーム 350億円
  • 味の素スタジアム 307億円

当初予算でも東京ドームを約5個建設できる金額であり、物価、材料費高騰を考慮しても高すぎることは明白で、相場から逸脱した異常な金額と言えます。

そこから更に値上がりして2520億円とは・・・相場を知っていて、この程度の大規模建設費の感覚がある担当者であれば、とてもじゃないけど発表すらできないと思わないのでしょうか。

ゼネコン選定時に関係者の懐にいくらか入たのか、ふっかけられているのか、はたまたお断り見積もりを受けているのか、理由は分かりませんが、発注側の担当関係者が無能であることに疑いの余地は無いです。

納期的余裕も無くなってきて、より難易度が上がっている現段階から再計画をしたところで、無能に何が出来るんだという感じですから、もっと斬新な方法で一発逆転を狙うしか無いと思います。

例えば、ゼネコン選びを含めた発注業務、トータルコーディネート自体を民間委託するとか。

当初予算の1625億円より安く抑えた場合、その差額の1%を報酬として支払う契約にした場合、1000億円(それでも高いが)に抑えると、差額の625億円の1%で約6億円の儲けになるので、それなりに美味しい話だと思います。

国(及び東京都)としても費用が1006億円で済む上に、ゼネコン選定、コーディネートにかかる業務、工数が浮くのでwinwinです。

実際やろうとすると様々な障害があり、難しいのでしょうが、無能担当関係者達主導で進める以外の方法でなければ、成功の道はありません。

今回莫大な金額なので大きなニュースになりましたが、道路工事費とか公共建物の建設費とか、そこまで額は高くないものに関しても、相当ボッタクられた金額を支払っているものと予想できます。

民間では投資をいかに抑えるかで儲けが変わってくるので死に物狂いで費用を抑えます。一方、今回のように税金から支払う場合、痛みを伴わないので、同じようにいかないのは当然のことかもしれません。

受注した業者は大儲けできて潤うので、一概に悪いことではないのでしょう・・・。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>