格安SIM楽天モバイルはスマホ本体も安く購入できオススメ

妻用で【楽天モバイル】を契約しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

スマホの買い替え

妻のスマホが壊れました。BIGLOBE SIM LTE・3Gという格安データ通信SIMを利用していたので、スマホ本体を新たに購入しSIMカードを差し替えれば復活できます。

しかし、スマホ単体で購入する場合、非常に高額です。

そこで、通信契約とセットで購入すると単体購入するよりも安価でスマホ本体を手に入れられる【楽天モバイル】を契約しました。

通信費(月額料金)

【楽天モバイル】の月額料金は以下の通りです。

1

スマホ本体を安く手に入れられるからといって、通信費が高くなっては効果が薄れてしまいます。

元々契約していたBIGLOBE SIM LTE・3Gは月3GBまでデータ通信のみのプランで月額900円でした。これに対して上記表のように楽天モバイルでは月3.1GBまでのデータ通信のみのプランで月額900円と、全くの同額です。

今回は後述の理由があってSMSありプランにしましたが、SMSありでもBIGLOBE SIM LTE・3Gと全くの同額です。

ちなみに月3.1GBの通信量、SMSありで月額1,020円は、大手携帯会社に比べると激安で、格安SIMの相場的にも安価な業者はこれくらいの価格帯だと思います。妻の使用量実績から考えると、データ量の適正及び金額に関しては、BIGLOBE SIM LTE・3G時代の使用感から考えても全く問題なしです。

セット購入のスマホ本体価格

【楽天モバイル】は通信契約とセットでスマホを購入でき、モノによっては単体購入するよりも大幅に安く購入できます。

以下が2015年12月28日時点で楽天モバイルで通信契約とセットで購入すると安く買える機種の例です。

  • honor6 Plus

楽天モバイル:台数限定半額で22,900円

単体購入(ネット通販):35,852円

12,948円楽天モバイルの方が安い

  • Desire 626

楽天モバイル:27,800円

単体購入(ネット通販):31,970円

4,170円楽天モバイルの方が安い

ちなみに現時点では既に販売されていませんが、今回妻用にはAscend G620Sを購入しました。

こちらは 楽天モバイル:10,779円 単体購入(ネット通販):13,850円 でしたので3,000円程安く購入することが出来ました。

キャンペーンで半額になったり、時期によって機種のラインナップが異なるので、狙っている機種ある場合は定期的にチェックすることをオススメします。

楽天モバイル限定機種Liquid Z330がオススメ

今回購入したAscend G620Sが安価の割にスペックもそこそこでオススメだったのですが、販売終了してしまいました。

そこで、現在販売している機種の中でオススメはLiquid Z330です。

Liquid Z330は楽天モバイル限定機種のため単体購入と比較はできませんが、12,000円と格安です。

気になるスペックは以下の通りです。

2

最新機種と比べると少し劣りますが、旧機種とは同等で、今回購入したAscend G620Sと同じような性能です。

参考までにAscend G620Sはライトユーザーの妻の使用した感想では全く問題なく、非常に快適とのことです。

その他メリット

月額料金、スマホ本体価格に関して紹介しましたが、それ以外でも【楽天モバイル】にするメリットは沢山あります。

  • 月額料金初月無料:ひと月無料になるので、契約は月初にすると更にお得です。
  • ドコモ回線を使用:ドコモ回線を使用しているので安定した通信環境となっています。
  • 月々の支払いで楽天スーパーポイントが貯まる:100円につき1ポイントなので還元率1%です。
  • 契約中は楽天市場でのポイントが2倍:こちらは通話SIM限定です。適用にはこちらからエントリーが必要です。

SMSあり契約にする理由

今回データSIMのSMSあり3.1GBプランにしました。SMSありにすると無しに比べて120円高くなりますが、以下の理由からSMSありにしました。

データ通信のみの契約にすると当然ながら通話用の電波を拾えません。しかし、スマホ機種によっては通話用電波が拾えないと、圏外と認識して通話電波を探し続けます。通話電波を探し続けると充電を余計に消費してしまいます。

これをセルスタンバイ問題というそうで、データ通信のみのプランにする場合の欠点となります。

そこでSMSありにすると、圏外と認識されないので充電消費を抑えることが出来ます。

本来SMSとはショートメッセージサービスのことで、大手携帯会社で契約した場合のショートメッセージ、やCメールにあたるものですが、これまでのスマホでは充電の大量消費に悩まされていたので、充電問題対策のためにSMSありにしました。

対策効果がどれほどのものか分かりませんが、月額120円であれば払う価値ありかな、という感じです。

注意点、まとめ

いくつか注意点があります。

  • スマホ本体価格やキャンペーンですが、日々変動しているので、先週見た金額が翌週には2倍になっている、なんてことも珍しくありません。自分の中でお得だと感じたら、買いのタイミングかどうか素早く見極めて決断しましょう。私は保留状態で、気付いたらキャンペーンが終わっていて後悔したことがあります。
  • 契約時、事務手数料として3,000円必要です。したがってイニシャルコストは事務手数料3,000円+スマホ本体代金となります。

契約、使用してから1ヶ月程経ちましたが、スマホ本体の使い勝手、通信速度等、どれも満足のいく使用感で、妻は大変喜んでいます。

長年使用すると充電容量が劣化したり、バグが出てきたりするかもしれないですが、取り急ぎは自信を持ってオススメできる商品と言えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>