マナカマイレージポイント利用により定期券よりも通常乗車券の方がお得な場合がある

妻が4月から職場復帰し電車通勤することになります。

通常電車通勤の場合、定期券購入が一番お得だと考えられているかと思いますが、マナカマイレージポイントを利用すると、定期券よりも安くなることがあります。

名鉄、地下鉄利用での定期券利用、定期券不使用でマナカマイレージポイント利用の価格比較をしてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

マナカマイレージポイント概要

マナカにチャージした残額でマナカエリアの名鉄、名鉄バス、地下鉄に乗車すると利用額に応じて10pt=10円のマイレージポイントがセンターに貯まります。

貯まったポイントは翌月10以降に自動券売機やチャージ機で自分でセンターから還元チャージします。

センターに貯まるポイントの有効期限は1年なので1年以内の還元チャージが必要です。

還元チャージした後のポイントに有効期限はありません。

manacaマイレージポイント - manaca・MEITETSU μ's Card   名古屋鉄道

詳細は以下をご参照ください。

名鉄マナカマイレージポイント

地下鉄マナカマイレージポイント

ポイント付与率は名鉄、地下鉄で異なるのでそれぞれ説明します。

名鉄利用の場合、定期券の方がお得

名鉄のポイント付与ルールは以下の通りで、1ヶ月の使用料金、回数によって異なり少々複雑です。

manacaマイレージポイント - manaca・MEITETSU μ's Card   名古屋鉄道 (1)

片道300円(往復600円)のルートにおける通勤利用時の定期券利用と通常利用+マイレージポイント利用での比較をしていきます。

名鉄比較2

ご覧のように定期券が一番安い結果となりました。

地下鉄利用の場合、定期購入期間によっては通常利用+マイレージポイント利用の方がお得

地下鉄のマイレージポイント付与ルールは以下の通り。名鉄よりシンプルで付与率も高いです。

昼ポイントも有りますが、今回は関係ないので省略します。

お得情報   マナカマイレージポイントとは|マナカ|名古屋市交通局

片道270円(往復540円)のルートにおける通勤利用時の定期券利用と通常利用+マイレージポイント利用での比較をしていきます。

地下鉄比較2

定期券の購入単位が1or3ヶ月であれば通常利用でマイレージポイントを利用したほうが安くなります。

しかし6ヶ月で購入すると定期券のほうが安くなります。

まとめ

今回のモデルケースでは名鉄の場合、定期券一択。地下鉄の場合、3ヶ月以内であれば通常利用+マイレージポイント利用のほうが安くなることが分かりました。

いずれの場合も6ヶ月の定期券購入が最も通勤費を安くあげられるので、通勤でのマイレージポイントの利用価値はあまりなさそうですが、利用区間や通勤日数によっても変わってきますので、それぞれのパターンに合わせて検証する必要があります。

不定期の利用や期間限定での通勤には十分お得なシステムですので、うまく活用していきたいところです。

また、登録せずともセンターにポイントが貯まっているので、存在を知らなかった人は一度ご確認ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>