岐阜県営各務原公園は無料ゴーカートや豊富な遊具でコストゼロで子供を思う存分遊ばせられる

無料で楽しめる岐阜県営各務原公園を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

岐阜県営各務原公園

県営各務原公園はその名の通り岐阜県各務原市にある県営の公園です。

こちらが園内にあるマップです。公式HPでも見れます。

DSC_0001

マップで分かるように、園内は交通広場、交通教室、展望広場、芝生広場、いこいの広場、冒険広場と6つのゾーンに別れています。

駐車場は2箇所あります。今まで2度行ったことがありますが、いずれも駐車場は空いていて問題なく停めることができました。

交通教室、交通広場

交通教室ではビデオを用いて動画での交通教室を行っています。

交通広場では実技を通して交通ルールを学べるようになっています。広場内に信号や横断歩道があり、その中を足踏みゴーカートや変型自転車で走行できます。

赤信号で停止、青信号で発進など、年配の方が指導してくれます。

また、広場内には滑り台やブランコなど小さい子供が遊べる遊具があり1歳のうちの子どもは主にここで遊ばせました。

信号機の稼働や乗物の出し入れ、係りの方の配置などの関係上、利用時間は以下のように限られています。

DSC_0028

  • 利用時間

平日:14~15時

土日祝日:11~12時、14~15時

民間サービスであれば有料になるような内容ですが、これらは全て無料です。さすが県営ですね。

展望広場、いこいの広場

マップ記載の展望広場の裏(北)の山道を登り、そこから絶景が見れるのか期待していましたが、山道ではほとんど景色を見れるポイントがありませんでした。

ということで展望広場はやはりマップ記載の位置が正しく、見える景色はこちらです。交通広場を見下ろすことができます。

DSC_0030

いこいの広場にはちょっとした川と橋があります。

正直、展望広場やいこいの広場よりもその裏(北)にある山道の方が楽しめます。

展望広場から山道に入り、冒険広場まで歩きましたが、適度なアップダウンと自然があり、子供の冒険心をくすぐると思います。

冒険広場、芝生広場

冒険広場には以下のように様々な遊具があります。

ネットラダー、忍者渡り、丸太ブリッジ、冒険トリデ、スイングボール、ロープ渡り、希望の鐘、バランスウォーク、ロープクライム、ウォールクライム、丸太ハードル、クライムアミダ、流木渡り、スライダーロープ、法面滑り台、法面クライムアミダ、法面クライムなど

出来てからあまり経っていないのか、どれも綺麗な状態でした。

うちの子にはまだ早いですが、小学生にとってはどれも楽しめそうなもので、子どもが大きくなったらまた連れてこようと思いました。

芝生広場はその名の通り芝生が一面に広がっています。弁当を持ってきて、家族で食事をとるのに良さそうです。

まとめ

園内の遊び場の内容を考えると小学生には最適な遊び場だと思います。交通広場で楽しみながら交通ルールを学び、山道で自然を楽しみ、冒険広場で遊具を使って思い切り遊べます。

これらのコンテンツが全て無料で楽しめるので、節約的にも最高の公園と言えます。

園内の職員が年配の方々だったので、本業を引退した方々を雇い、できるだけ安く運営しているものと思います。県営だからと無駄に費用をかけて運営しているのではないところに好感が持てます。

小さい子どもでも遊べる遊具があり、我が子も十分楽しめましたが、もう少し大きくなると、より一層楽しめると思うので、これからも子どもの成長に合わせて何度も利用することになりそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>