花粉症対策の塗り薬をワセリンで代用 節約効果は1/138

ワセリンで花粉症対策をできます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

花粉症の人にはつらい季節

先週末辺りから寒さが大分やわらいで暖かくなってきました。冬が大嫌いな私にとってはとても喜ばしいことです。

と、清々しい気持ちで過ごせるかと思いきや、寒さに変わって憂鬱なことがある季節となってきました・・・その正体は花粉です。

元々アレルギー性鼻炎もちではあったものの、学生時代までは花粉症になることはありませんでした。しかし、20代中盤になって突然発症、以後、年々症状が悪化しているような気がします。

ここ数年は鼻水、鼻のムズムズ、眼の痒みに加えて喉の違和感、痛み、挙句、頭痛にまで症状が及ぶようになってしまいました。もはや風邪を引いているのか何なのかよく分からない状態になります。

早速、先週末暖かくなったのに合わせて、花粉症の症状が現れてきました。日曜日に子どもと公園に行ったのですが、いきなりピークじゃないかという辛さで、昨日会社の通勤でも激しい症状が現れました。

市販の花粉症対策商品

昨年まで、花粉症対策はマスクくらいしかしていませんでしたが、今年は初っ端から症状がひどいので、さらなる対策を打たなくては体調まで崩しそうな勢いです。

舌下法という免疫療法もあるようですが、即効性はなく、今からでは間に合いません。

そこでネットで調べたところ、顔にスプレーするものや塗るタイプの対策商品があることが分かりました。

原理としては顔に塗布した粘性物やイオン等で花粉を吸着、ブロックして眼や鼻への花粉の侵入を抑えるようです。

しかし、これらの商品、価格がお高いです。1ヶ月分で大体1,000円くらいします。

ワセリンで代用

そこで、安い商品や方法がないか更に調べたところ、ワセリンで代用できることが分かりました。

ワセリンといえばお肌の保湿や保護に使用される塗り薬です。

子どもの肌の乾燥がひどく皮膚科にかかったときに、顔の保湿用として処方されたことがありますが、幼児の顔に使えるということなので副作用等は皆無で安全性は間違いありません。

ワセリンを使ったことがある人はご存知だと思いますが、ワセリンは非常に粘度が強くベタつきます。そしてこのベタつきが花粉症対策の塗り薬と同様の効果で花粉症を吸着、ブロックしてくれるそうです。

使用法は市販の花粉症対策商品と同様で以下の通りです。

  • 鼻の穴にたっぷり塗る。
  • 鼻の穴の周りに塗る。
  • 目の周りに塗る。

塗るとベトつきを感じて、花粉を吸着してくれそうな気がします。

症状が弱い方はこれでけでも良いかもしれませんが、私のように重症の方はこれに加えてマスク着用も必須です。

私の場合ワセリンを口の周りにも塗って、マスクのズリ落ち対策にもなっています。

ワセリン代用による節約効果&まとめ

市販の花粉症対策商品の塗るタイプは大体5gで1,000円くらいです。

一方、ワセリンは以下のように500gで720円、5gに換算すると7.2円です。市販対策商品の1/138であり、節約効果は抜群です。

【第3類医薬品】日本薬局方 白色ワセリン 500g

口コミを見た感じ市販対策商品でも効果はマチマチですし、プラシーボ効果もあるでしょうから、節約効果を考えてワセリン一択ではないでしょうか。

今シーズンはワセリン+マスクの効果を検証します。結果、駄目そうなら次シーズンに向けて舌下法をやるしかないと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>