楽天銀行と野村信託銀行を利用して銀行への入出金・振込の手数料を常にゼロ円にする方法

銀行への入出金、振り込み手数料をゼロ円にする方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

手数料をゼロにする方法

銀行へ資金移動のために支払う手数料ほど無駄なものはありません。

低金利の現代においては尚更の話で、一度手数料を支払うだけで金利分が軽く失われます。

そこで複数の銀行口座を利用し、どういった預け入れ、引出し、振込みをしても手数料がかからない方法を考えました。

各種手数料が無料になる金融機関と条件が沢山有るので、答えは一つではありませんが、私の生活スタイルにあって使いやすい方法を考えました。

まずはどのような体系で手数料をゼロにするか、フロー図で紹介します。

3

フロー図の通り、各種手続きは以下のようになります。

  • 預金口座:楽天銀行
  • ATM利用:楽天銀行orゆうちょ銀行or三菱東京UFJ銀行口座に提携ATMを使用して入出金
  • 別口座への振込:楽天銀行or野村信託銀行

考え方はシンプルで楽天銀行と野村信託銀行の振込み手数料無料を利用して好きな口座に無料で預金を移動し、各種手続きを行えます。

楽天銀行

前述のフロー図の肝となるのが楽天銀行す。

楽天銀行のATM手数料、振込み手数料は以下のように条件付きで無料回数が設定されています。

4

5

  • 預金残高が300万円以上でATM手数料を提携ATMにて月7回無料。
  • 給与や賞与受取口座として利用して振込手数料を月3回無料。

フロー図で分かるように楽天銀行をメインバンクとして預金移動の拠点と考えています。普通預金金利が高いことが理由ですが、これについては次回の記事で紹介します。

野村信託銀行

野村信託銀行は以下のように振込み(出金)手数料が月30回まで無料です。

6

楽天銀行だけでは手数料無料での振込みを月3回しか出来ません。

そこで、振込み回数の多い月には楽天銀行から野村信託銀行に預金を移動しておきます。

楽天銀行の月3回のうち、1回を野村信託銀行への振込みに使うとすると、合計で月32回まで無料で振込みを行えます。

まとめ

元々、野村信託銀行と地方銀行を利用して手数料無料で利用していましたが、楽天銀行を利用したほうがより快適に利用できるので、このような形に変更しました。

口座開設は完了したので、あとは給与振込口座の変更手続きで体制が整います。

今回の仕組み作りは、一度仕組みを作ってしまえば、以降の手間、時間、お金を削減できる節約の基本となる考え方、方法の典型だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>