バリカン使用で散髪代を節約

もう5年以上ずっと坊主スタイルです。

バリカンを使用して自分で刈っているので散髪代がかかりません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

節約効果

坊主にする前は3ヶ月に1度、美容室で約5,000円程かけて散髪していました。

年間で考えると20,000円程度となります。

バリカンで自分で狩るようになってからはほぼ一切、散髪にお金がかかりません。

強いてあげると刃への注油するためのオイルとシャワーを浴びながらやるので多少水道、ガス代が高くなる程度でしょうか。

オイルと言っても100円ショップのメカニカルオイルでよいので、年間100円以下です。

従って節約効果としては年間約2万円程度といえます。

節約以外のメリット

美容室で切っていた時は、毎回切りに行くのが面倒で苦痛でした。

お金を払って苦痛を味わうなんて最悪ですね。

バリカンで自分で刈る場合、好きなタイミング、時間で出来るのでストレスがたまりません。

15分もあれば完璧に刈り終えるので時短にもなります。

坊主だと清潔感もあるし蒸れることもないし、普段の洗髪、感想も楽ちんです。

まるごと水洗いできるバリカンを使用

バリカンはPanasonic カットモード(ナチュラルアタッチメント付 水洗い) 白 ER5204P-Wを使用しています。

この商品の最大の特長は充電部分も含めまるごと水洗いできるところです。

坊主にしてから様々なバリカンを試しました。

というのも、ER5204Pに出会うまでは水洗いできないものを購入しており、使用後の清掃に手間がかかったり、うまく清掃できなかったりで、管理がうまく出来ず、長く使えていませんでした。

水洗いできるER5204Pを使用しだしてからは、毎回使用後にキレイに洗えるので、清潔に管理できずっと使用できています。

バリカンの使用方法、注意点

前述のように初期の頃はうまくバリカンと付き合えず失敗が多かったため、使用する上でのポイントは心得ています。

  • まるごと水洗いできるバリカンを選定

これは前述のとおりです。

  • 使用前、刃には必ず注油すべし

注油してあるかどうかで切れ味が劇的に違います。初めて使った時は注油せずに使用してしまい、髪が絡みついてうまく刈れませんでした。

  • 使用後も刃に注油しサビを防止すること

サビなければ刃は交換する必要もなく、ほぼずっと使用できます。

  • 使用前にしっかり充電すること

使用中に充電切れになったり、威力が弱まると絶望します。コードを繋げたままでもできますが、お風呂でやるのでコードが邪魔くさいです。

  • 耳周り首元は念入りに狩るべし。

この辺りだけ、びょこっと長い毛が残ったりしてみっともない状態になったりします。注意して強めに押し当てて狩りましょう。

このあたりを注意して使用すればほぼストレスなく坊主ライフを楽しめます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>