ふるさと納税の落とし穴、注意点

数年前からふるさと納税が流行っています。

ふるさと納税は非常に節税効果が高くうまく使えばかなりの節約になります。

メディアや各種サイトでもそのお得さがたくさん紹介されていますが、良いことばかりではないため、見落としがちな落とし穴、注意点を解説したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ふるさと納税とは

ふるさと納税は好きな自治体に寄附をした額の一部が税金から控除される制度です。

寄付した自治体からはお礼として地域特産品などを受け取れます。

受け取れるものは各自治体で様々でその価値もピンきりです。

控除額は最大で寄付額-2,000円、つまり自己負担額2,000円です。

自己負担2,000円でいくらまで寄付できるかは収入によって決まります。

こちらのサイトで簡単に計算できます。

より詳細については各種専門サイトで解説されていますので検索サイトで探してご確認ください。

寄付金に対する特産品の価値は?

1万円の寄附に対して送られてくる特産品の価値が3,000円相当だったり500円程度だったり、自治体によって様々です。

あくまで寄付金に対するお礼であり1万円の寄附に対して1万円分の特産品を受け取れことはありえません。

実際の額は公表されていないので分かりませんが、私の印象では寄付額の2、3割程度の価値がいいところで、1割を切るものもたくさんあると思います。

その特産品、ふるさと納税でなければ買わないのでは?

ふるさと納税では肉や米など食品が人気のある特産品です。

例えば牛肉であれば1万円の寄附に対して500gのものがザラにあり、1kgのものは人気となっています。

地方のブランド肉などですのでその価値は自己負担額の2,000円を超えているものがあるのかもしれません。

しかしこのような高級な肉を普段買うでしょうか?

私は普段の生活では100gで100円程度のものを買っているので、高級肉には手を出しません。

100gで100円であれば2,000円で2kg買えます。

ふるさと納税で自己負担額2,000円で500gの高級肉を受け取るか、普通に買い物をして2,000円で安い肉を2kg買うか、私なら断然後者を選びます。

自己負担2,000円で寄付できる金額は所得により異なる

こちらで簡単に計算できます。

例えば私の妻の数年前の収入で計算してみると、2千円の負担で寄附できる上限は14,000円でした。

私の場合41,000円です。

妻の収入は約280万円、私の収入は約660万円で収入が多いほど2千円の負担で寄附できる上限額も増えます。

最も節約にならないパターン

14,000円が上限額の場合4,000円以下の寄付先があまりなく10,000円の寄附1件のみしか出来ないことが考えられます。

この時10,000円で500gの高級牛肉を受け取れる自治体に寄附をすると、自己負担額2,000円となり2,000円で500gの牛肉を購入したのと同じと言えます。

500gの高級肉の価値が2,000円であればプラスマイナスゼロ、2,000円以下であれば損をしたことになります。

1食250gとするとこの高級肉で2食分まかなえます。

寄附をせずに100g100円の肉を購入すると、2,000円で2kg購入でき8食分まかなえます。

単純に節約だけを考えれば寄附などせず普通に安い肉を購入した方が食費が浮くことが分かります。

その他デメリット

  • 確定申告が面倒

確定申告をしないと控除されません。一手間かかるので面倒だったり、やり忘れたりすると全額自己負担になってしまいます。

  • 一時的にはマイナス

控除、還付されるまでは全額自己負担です。

  • 大部分は住民税控除なので実感しづらい

確定申告ですぐに還付されるのは所得税控除のごく一部で大部分は住民税からの控除となります。

住民税控除は実際に還付されるのではなく、支払う金額から引かれるので、実感しづらいです。

とはいってもメリットだらけでオススメです

今回の記事ではふるさと納税の悪い点を上げていきましたが、実際には良い点、メリットの方が大きいため、寄付先や損得勘定をしっかり検討すれば節約効果は絶大です。

私自身自己負担2,000円で寄付できる枠を目一杯使うつもりで、このブログでも私が実際に寄付した案件を紹介していきたいと思います。

法改正でより節約効果が高くなりそう

3月末の税制改正で、以下のようにより利用しやすくなりそうな見込みです。

  • 2千円の負担で寄附できる上限額が2倍になる
  • 条件によって確定申告が不要になる

上限額が2倍になると私の場合、自己負担額2,000円で年間8万円分寄付できるようになり、節約効果も2倍以上となりそうです。

ちなみに本記事作成時点では未確定状態ですので旧ルールに則って記事を書きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>