就寝時の防寒対策は圧倒的コストパフォーマンスの電気敷毛布KDS-4051がオススメ 

電気敷毛布を買いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

冬場の就寝時防寒対策

以前の記事で書いたように寒さに非常に弱いです。

日中は過剰な厚着で対策できていますが、就寝中の寒さ対策はこれまで手薄でした。昨冬までは就寝時も厚着+靴下で乗り切っていましたが、布団の中で凍えることが多かったので、今年は就寝時の防寒対策をすることにしました。

対策法候補

①エアコンorファンヒーター

もっとも一般的な方法かと思います。

電気代:0.5kW×1日7h×30日×25円/kWh=2,625円

メリット:手軽、確実に暖かくなる。

デメリット:空気が乾燥するので喉に悪い。電気代が高い。

②電気カーペット

布団の下に敷いてじんわり暖める方法。

電気代:0.3kW×1日7h×30日×25円/kWh=1,575円

メリット:電気代がエアコンorファンヒーターより安い。

デメリット:暖かいのは布団の中のみ。布団の下から暖めるので暖まるまで時間がかかる。暖まり方がじんわりで微妙。

③電気敷毛布

シーツの下に敷いて使用します。

電気代:0.04kW×1日7h×30日×25円/kWh=210円

メリット:圧倒的に電気代が安い。シーツの下に入れるため、すぐに暖かくなる。

デメリット:暖かいのは布団の中のみ。

→比較した結果、③電気敷毛布に決定しました。やはり電気代が圧倒的に安いのが決め手です。

電気敷毛布の選定、使用方法

電気敷毛布ですが、以下の商品を購入しました。

KOIZUMI(コイズミ) 【水洗いOK】 電気敷毛布 130×80cm KDS-4051

選定理由は価格の安さ。送料込みで1,561円と激安です。

130×80cmとちょっと小さめですが、腰から下をカバーできる大きさなので十分だと思います。

実物の写真はコチラ。

DSC_0109 DSC_0106

DSC_0110

使用する際は、以下のようにシーツの下に敷きます。

DSC_0111

効果

使用を開始して1週間程経ちましたが、効果は抜群です。腰から下がしっかり暖まるので、全く寒く感じることがありません。

まだ冬本番とまではいっていませんので、設定温度は中で十分です。

これで電気代が月210円というのはコストパフォーマンスが非常に高いです。

今後冬本番となり気温が更に下がった時に、同じように快適かどうか確認していこうと思いますが、今の感じからすると布団の中はポカポカで問題ないと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>