水筒を買うならプライムワン、サーモスがオススメ

出かける時は水筒を持ち歩き、自販機やコンビニでは一切飲み物を買いません

そこで毎日使用しているオススメの水筒を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

冬用はサーモス

冬場は暖かいお茶を入れるので保温性重視でこちらを使用しています。

THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ディープパープル JNL-500 DPL

3,000円超えとお高めですが、その性能は金額に見合ったものだと感じます。

沸かしたてのお茶を入れるのですが、当日の朝入れると熱すぎて火傷をするので、前日の夜に入れておきます。

それでも翌日ずっと温かいままで、充分すぎる保温性能です。

一方、保冷性能は平凡で、わりとすぐに冷たい飲み物がぬるくなってしまいます。

夏用はトップバリュ→プライムワン

上記のようにサーモスといえども保冷性能はたかがしれており、保冷性を確保するには氷を入れて、水筒カバーをつけるくらいしかやりようがないと考えます。

従って、水筒そのものの性能にはこだわらず、とにかく安さだけに着目して購入しました。

ネット通販や店頭販売で探しまわった結果、選んだのはトップバリュプライムワンでした。

トップバリュプライムワンとはイオン→アピタ、ピアゴブランドの独自開発商品で性能のわりにリーズナブルな商品ブランドです。

先日子どもの水筒を購入しましたが、500mlステンレスボトルが1,598円でした。

子どもでも飲みやすい直飲みタイプで、他のブランド商品に対して1,000円位安い印象でした。

私が使っているものもトップバリュ→プライムワンとサーモスのコラボ商品の1Lステンレスボトルです。

保冷性能も特に問題もなく、継続して使用できており、かなり満足しています。

水筒代はすぐに元が取れる

夏用は価格重視と書きましたが、高いものでも4,000円を超えるものはあまりありません。

仮に毎日150円、外で飲み物を買うと考えると、1ヶ月で4,500円かかりますので、水筒を使用して飲み物を買わないように出来れば、いい水筒を買ったとしても1ヶ月で元が取れます。

そう考えると、水筒代はそこまでこだわらなくても損することはありませんので、見た目や性能を重視して選んでも良いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>