自動車税をクレジットカードで支払う方法(ヤフー公金支払い)の解説

自動車税納付の季節がやって来ました。

ヤフー公金支払いを導入している都道府県では家に居ながらにしてクレジットカードで支払い手続きを行えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ヤフー公金支払いのメリット

ヤフー公金支払いによるメリットは以下が挙げられます。

  • ネット環境があれば外出せずに支払いを行える。

移動の手間、費用を省けますので、忙しい人には嬉しいところです。

  • クレジットカードでの支払いなのでクレジットカードのポイント還元を受けられる。

但し、1件あたりクレジット決済手数料が324円かかります。

私の場合自動車税39,500円+手数料324円=39,824円の支払いでした。

クレジットカードは還元率1.75%のレックスカードを利用しているので、ポイント還元は39,824円×1.75%=696円となります。

手数料324円と相殺すると通常支払に比べて372円安くなりました。

  • 支払いにTポイントを使用できる。

なかなか利用場面がないので私は毎年ここでTポイントを精算しています。

注意点

  • ヤフー公金支払いを導入していない都道府県では利用できません。

こちらのページで確認できます。

  • 納税証明書の発行に時間がかかる。

各都道府県によって異なりますが、証明書の発行及び発送までの期間が通常よりもかかります。

急ぎで必要な場合は、各都道府県のホームページなどで期間を確認しましょう。

  • 納付期限

納付期限が設定されているので遅れないように注意しましょう。

遅れた場合は延滞料を取られる場合があります(ネットで調べたところ、遅れ即延滞料ではないようです)。

  • 納税額が安いとクレジットカードのポイント還元で手数料を相殺できない。

324円以上ポイントがつかないと、通常支払より高くなってしまいます。

  • これが最安の支払い方法ではない。

クレジットカードでnanacoにチャージして、セブン-イレブンにてnanacoで支払いの方が金額的には安くなるようです。

そちらの詳しい方法はググってください。

支払い方法解説

1.Yahoo!公金支払いにアクセス。

2.「自動車税のお支払い」をクリック。

自動車税支払い1

3.都道府県を選択(今回は神奈川県を選択)

自動車税支払い2

4.手数料、注意事項を確認し同意にチェック→「お手続きはこちら」をクリック。

自動車税支払い3

5.ヤフーにログインする。

自動車税支払い4

6.納税通知書に記載されている納付番号、確認番号を入力して「次へ」をクリック。

自動車税支払い5

7.Tカードを登録していてTポイントが貯まっている場合、Tポイント利用料を入力→支払い方法を選択(クレジットカードを登録していない場合、この下の欄にクレジットカード情報を入力する欄があります。)→お知らせメールの受取可否を選択→「次へ」をクリック。

自動車税支払い6

8.内容確認画面で確認し。「支払う」をクリック。

自動車税支払い7

9.これで支払い手続きは完了ですが、支払い完了画面下部の印刷モードで印刷するかPDF等で保存して、支払い手続き完了の証拠はとっておきましょう。

まとめ

注意点に書いたように、これが最安の支払い方法ではありませんが、その他メリットも考慮し私はヤフー公金支払いで毎年支払っています。

非常に簡単に手続きできるので、初めての人も気軽にやってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ちょこぶ より:

    はじめまして。
    ブログランキングからきました。

    私が住んでいるところは、yahooを使って納税できません。
    その代わり、nanacoをクレジットカードチャージして、セブンでnanacoを使って、支払う方法を使っています。
    yahooでできるようになると、セブンに行く手間とかがなくなっていいんですけどね。

    ポチっと応援していきますね。

    • otosetsu より:

      はじめまして。コメント有難うございます。
      ネットですぐに出来るのは本当に楽ちんです。
      ちょこぶさんの住む地域でも対応してくれるといいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>