株取引手数料業界最安値 ライブスター証券の口座開設方法

ライブスター証券の口座を開設したのでその方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

株取引手数料で比較しライブスター証券とSBI証券に決定

先日の記事で書いたように株式投資を始めますので、証券口座が必要です。

元々、野村證券の口座は持っていましたが、取引手数料が安くないので、手数料が安い証券会社を調べました。

投資方針に合わせて、株の現物取引において1注文毎の取引手数料で調べていた所、丁度ライブスター証券のホームページに分かりやすい比較表がありました。

1

どの価格帯においてもライブスター証券が最安値となっています。ちなみにライブスター証券のホームページだから都合よく書いてあるわけではなく、他のサイトでの比較でも同様の結果でした。

手数料以外に比較材料がなかったので、1位と2位のライブスター証券、SBI証券の口座開設をすることにしました。

ライブスター証券口座開設申込み方法

1.ライブスター証券ホームページの口座開設ページにアクセスし、「証券総合取引口座開設」をクリック。

2.各種登録情報を入力。

2

3.入力内容確認。

3

4.本人確認書類の送付

5

5.これで申込み手続きは完了です。

6

補足

各種登録情報入力の際に、株取引手数料と特定口座制度に関して選択肢がありますが、その内容は以下の通りです。

  • 株取引手数料

7

中長期投資につき一日の取引数は少ない予定なので「一律プラン」を選びました。

  • 特定口座制度

8

確定申告等を自分でできないので「特定口座の源泉徴収あり」を選びました。

申込み~口座開設完了まで1週間

申込みから口座開設完了までの流れは以下の通りでした。

  1. 月曜:ネットから申し込み。
  2. 金曜日:メールで口座開設完了連絡を受ける。
  3. 日曜日:ログインID記載の書類が届く→ログイン確認。

丁度1週間かかりました。

ログインID記載の書類が届いてログインできるようになりますが、初回は以下の設定が必要です。

ログインパスワード設定

1.ライブスター証券ホームページからログインページにアクセス。

9

2.パスワード設定をクリック。

10

3.書類記載のIDを入力し仮パスワードを取得。

11

画面が切り替わり仮パスワードが発行されます。

12

4.メールにパスワード設定専用ページのURLが届くので、そこからアクセスする。

13

5.パスワード設定。

14

6.設定完了。

15

取引暗証番号登録

1.ログイン画面から取引暗証番号を「省略しない」を選択しログイン。

16

2.暗証番号登録。

17

3.登録完了。

18

これで取引できるようになります。

19

まとめ

証券口座開設と聞くと銀行口座開設やクレジットカード申込みに比べて敷居が高く感じますが、申込み自体はそれらと同等か、それ以上に簡単で迷うことなく出来ました。

これで、株取引できるようになりましたので、タイミングをうかがって初めての株取引をしようと思います。

ちなみにSBI証券口座も申し込んだので、開設完了したら申し込み方法を紹介しようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>