駐車場で事故を起こした時の経験談と対処法

駐車場で事故を起こした時の対処法、というか経験談を書きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

お店の駐車場で停車中の車に当ててしまった

先日、あるお店の駐車場に停める際に、誤って停めてあった他人の車に当ててしまいました。

当てた瞬間、ガチャンと音がしたので、血の気がスーッっと引いていきました。

車から降りて当てた箇所を確認すると、相手の車のバンパーが結構派手に潰れていました。不思議な事に自分の車は無傷でした・・・逆だったらどんなに良かったことか。

相手の車には人は乗っておらず、買い物中のようでした。

軽いパニックに陥りながらもとりあえず、車の持ち主を待つことに。完全にコチラの過失なので罵詈雑言を浴びてもしょうがない状況です。故に待っている間も心臓バクバク、生きた心地のしない時間でした。

対処法【悪い例】

数十分後相手が戻ってきました。

ここからの対処法は私が実際に行った内容ですが、今にして思えば非常に良くない行動、つまり悪い例となります。

まずは相手に当ててしまったことを説明。相手もかなり驚いており、どうしよう・・・という感じでした。

当然相手に非が無いため、コチラ側で修理費を全額負担する旨を話しました。

支払い方法ですが、自動車保険の補償or自費という選択肢がありますが、金額によってどちらが自分に有利か変わってくることは分かっていたので、修理費が確定しないことには決められない、と考えました。

そこで相手方に修理工場orディーラーに行き、修理代が分かり次第連絡をくれるようにお願いをしました。

そして、連絡用の携帯番号を交換し、両者その場を離れました。

対処法【良い例】

実際私がやってしまった悪い例を紹介しましたが、最良の方法はどうすればよかったのでしょうか。

答えは簡単、加入している保険会社の事故受付センターにすぐに連絡をとる。それだけです。

事故受付センターに連絡し、ザックリ内容を説明すると、色々質問してきたり、とるべき行動を教えてくれます。

更に相手方との申し合わせや連絡先交換など、今後対応、処理していくうえで必要なことも手助けしてくれます。

相手方も個人同士で連絡先を交換するよりも保険会社が入ってくれる方が数倍安心かと思います。

その後の対応

現場を離れた後の相手方との調整、交渉、修理代の確定まで全て保険会社がやってくれます。

基本的に事故を起こした直後以外は相手方と話す必要はなく、保険会社が仲介してくれ、経過報告のみ連絡が来ます。

修理代によっては自費で負担する場合もあると書きましたが、修理代確定までは保険を使おうが自費処理しようが関係なく保険会社が動いてくれます。

修理代確定後、保険を使わず自費で処理する場合のみ、そこから先は相手方と直接話を進める必要がありますが、保険を使用する場合はそのまま最後まで全て保険会社が処理してくれます。

今回は修理費が高額で保険を使ったほうが得でしたので、保険適用し最後まで保険会社に処理してもらいました。

事故直後はどうなることかと思いましたが、保険会社に助けられて平和に解決できました。

今まで自動車保険の恩恵を受けたことがありませんでしたが、今回実際に助けられて毎年高い金を払う価値があるな、と実感しました。

最後に、今回の事故は私有地で起きたもので、怪我もなく、交通に影響が出るものでもなかったため、上記対処法で問題ありませんが、事故の内容によっては真っ先に110番なり119番なりする必要がありますので、お気をつけ下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>