2014年度家計簿まとめ&2015年度家計目論見~月間支出編~

2014年度の家計簿まとめと2015年度の家計目論見を複数回に分けて書いていきます。

今回は月額支出編です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

2014年度月額支出実績まとめ

2014年度の月額支出の月平均額を以下の表にまとめました。

2014年度_月間支出平均

年度が始まりすぐにスカパーを解約したので、その分で3,875円浮いています。

そして前項目合計での黒字が3,876円です。ということはナント、スカパー分を除くと、予算と実績の差が1円だけです。

年度途中で固定費削減を実施したため、本来なら余裕で予算クリアするべきでしたが、この結果は成功とはいえません。

2015年度月額支出目論見

続いて2015年度の目論見です。

昨年度の結果を踏まえ、金額変更及び管理しやすいように項目も若干変更します。

  • 家賃:57,812円

これ以上下げても会社の手当も下がり、負担額は変わらないため、家を購入するまではずっとこの額のままの予定。

  • ネット代:4,978円

フレッツ光利用料とプロバイダ料金の合計額です。長期契約なので年をおうごとに少し安くなります。

他に安い方法がある気がしますが、考える時間と手間とリスクを考えて変更実施できていません。

固定費を大きく下げるとしたらここかなあ・・。

  • NHK受信料:1,166円

電波の押し売り対応費です。実際には年払いしていますが、12で割って月額支出項目にあげています。

  • コンタクト代:2,268円

2ウィークコンタクトレンズの購入費です。ちなみにメルスプランを利用しています。

節約しすぎて眼に悪いことはしたくないので、この項目は削りません。

  • 奨学金(無利子)返済:8,800円

無利子のものなので一括返済せずに少しずつ返しています。物価が上がれば得する方向です。

  • 保険代:11,598円

年払いのものがほとんどなので、12で割って月額換算しています。

これは昨年細部まで検討し決めた額なので節約余地なしです。

  • 電気代:8,000円

昨年度の実績は1万円近かったですが、それは産休、育児休暇中であり妻子がほとんど家にいたため。

今年度は共働きになるため、2,000円減の設定。

  • ガス代:6,000円

下げ用が無いため、昨年度実績とほぼ同等額に設定。

  • 水道代:3,000円

節約法は昨年度やりきっているので、昨年度実績とほぼ同等額に設定。

  • 食費、日用品、日常娯楽費:60,000円

我が家の家計管理分担の記事参照。

  • 携帯電話代:3,500円

夫婦二人分。スマホ通信費は別項目へ。純粋な通話代だけですが、実績から考えるとこんなもんでしょう。

  • スマホ通信費:1,950円

こちらも夫婦二人分。biglobeの2GBプランで不自由なく使えており価格としても満足のいく数字です。

昨年度の固定費削減で効果の大きかったものの一つです。

  • ガソリン代:8,000円

自転車通勤なので昨年度予算の約半分。実際はもっと削れる気もしますが、今年度は様子見で。

  • 医療費:10,000円

私の持病が継続的に費用がかかるので月1万円計上です。症状が改善されれば安くなるので健康第一で過ごしたいところです。

  • 子供用品:8,000円

昨年度実績とほぼ同等額に設定。幼児期はそんなにかからないイメージです。

  • その他出費:20,000円

衣類、家電、旅行、灯油など上記項目にないものは全てここからです。

昨年度ほぼ予算額通りだったので今年度も同額で。ちと厳しい気もしています。

合計215,072円で、昨年度よりマイナス約2万円です。

娯楽関係分が余り計上されていないので厳しいですが、達成できると年間24万円低減できます。

単純に予算を守るだけでなく、固定費や仕組みを改善して楽して達成できる方法も考えていきたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>