車の法定12ヶ月点検を受けてきた 下回り防錆塗装、エアコンリフレッシュを実施、ATF交換は却下

スポンサーリンク
レクタングル(大)

法定12ヶ月点検とは

法定12ヶ月点検は法令で定められた12ヶ月毎に行う点検・整備です。

点検項目を点検し、チェックシートに記入するだけのもので、実施しなかったとしても罰則などはありません。

そういった事情から、車検とは異なり、法定12ヶ月点検を受ける(or自分で実施する)人はあまりいないようです。

無料点検の案内がきたので受けてきた

この1年間は仕事で2万キロくらい乗り距離数が多かったのと、ディーラーから電話で案内がきたので受けようかどうか迷っていました。

そんな中、昨年車検を受けたガソリンスタンドから無料点検の案内ハガキがきたので、無料なら!ということで受けてきました。

通常ディーラーなどで受ける場合、交換部品などは別料金で1万円前後するので、無料で受けられるのはお得です。

恐らくガソリンスタンドからしたら、無料で点検して交換部品、オイルなどを勧めて儲けようという魂胆なのでしょうが・・。

点検後、ATF交換、下回り防錆塗装、エアコンリフレッシュ(エアコンオイル・ガス補充、充填込)を勧められました。

車には詳しくないのですが、説明されたうろ覚えの内容と価格、実施可否は以下の通りです。

ATF交換:7,000円→未実施

前回の車検時にもディーラー、オートバックスに勧められました。

その際調べたのですが、取扱説明書には交換周期が載っていなく交換必須ではありませんでした。

車に限らず家電、機器などは取扱説明書に書いてない余計なことをしない方が良いと思っています。

また、ネットで調べたところ、ATFは3万キロ程度の交換周期が理想で、距離数が多くなると汚れカスなどが詰まるなどの危険性が出てくるため、逆に故障の原因になってしまうことがあるとのこと。

上記理由からその時点で6万キロ交換していなかった前回車検時見送り、以後交換しないと決めたので、今回も断りました。

下回り防錆塗装:5,000円→実施

下回りがかなり錆びているのを見せられて勧められました。

確かに去年は雪道を走ることが多く、凍結防止剤がついて錆びたものと思われます。

これについては過去に調べたことがなかったので、勧められるがままにお願いしました。帰ってから調べてみるとこの価格帯のものは子供だましの効果程度しかないそうです。

まあ来年以降は雪道を走ることも殆ど無いので、ガッツリやらなくてもいいとは思いますが、次回も勧められた時の回答を考えておかないと・・1年後くらいに今回やったところの錆具合を見て考えます。

エアコンリフレッシュ(エアコンオイル・ガス補充、充填込):5,000円→実施

リフレッシュ装置を持っていることを自慢され、普通なら1万円くらいかかるところをお安くするのでかなりお得です!と勧められました。

オイルかガスどっちだったか忘れましたが、減り具合によって充填量がかわり金額も変動するとのこと。

説明内容は正直理解不能でしたが、あまりにも熱意があり、お得感を出してくるのでお願いしました。

帰ってから調べてみると、オイル、ガスともに減るものじゃなく、減ったのだとしたら修理が必要だそうで、通常実施の必要はないとのこと。

まあリフレッシュ効果があれば良いのですが・・・特にエアコンの効き具合に不満もなかったし、やらなきゃよかったかな。

今回8万キロで初めて実施したので、早くとも次実施するとしたら16万キロですが、その段階では廃車が近づいているので、もうこの車で実施することはないでしょう。

次回以降は受けなくても良さそう

なんとなくですが儲けるために、うまく言いくるめ、勧められている気もしてしまいました。

また、勧められた3項目のうち、ATFは車検時にも勧められており、残り2つは1年以内に急いでするようなものでもなかったので、車検時での発見、実施判断でも問題なかったと思います。

従って、わざわざ法定12ヶ月点検を受ける必要性は低いなあと思いました。

もちろん一応、法令で義務付けられていますので、自主点検のレベルで充分かなーと思います。

まあ今回勧めにのって少し後悔していますが、それでも点検費用が無料だったため、トータル1万円の出費で、ディーラーで受けた場合の点検代金と変わらず、損はしてないと思います

こういった勧めを断るためには車に詳しくならないと難しいです。自分で点検や交換もできると節約効果が大きいので、車好きで詳しい人はそれだけで節約レベルが高いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>